スポンサードリンク

歯の黄ばみ防止とホワイトニング

コーヒー好きの人などにとって歯の着色はとても気になると思いますが、どうしてもエナメル質は溶け出して歯の表面に黄ばみが付くことになるといいます。カレーなどの食事の後は口をよくゆすぐことが必要で歯磨きも必要といいますが、フッ素のジェルを塗ることで歯の表面のエナメル質の修復に役立つといいます。
歯の黄ばみはホワイトニングの妨げになりますから着色しやすい食事後の歯のお手入れにも注意を払いたいものです。
posted by mabou at 23:24 | 歯のお手入れについて

虫歯とフッ素

虫歯の痛みに顔をしかめる人は多いと思いますが、虫歯の予防にフッ素の水道水への添加やフッ素洗口が効果的とも言われています。この意見に反対の方もいるようですが、フッ素洗口した児童の虫歯が減ったというデータもあるようで、虫歯の予防に検討すべき点かも知れません。
それで虫歯の痛みに悩む方が減るならば、早急に取り入れたい虫歯予防法といえるでしょう。
posted by mabou at 23:22 | 歯のお手入れについて

歯ブラシのかえ時?

歯ブラシは毛がまっすぐできれいに使うことが必要なようで、毛が曲がったものや、汚れたものは取り替えるべきだといいます。目安は4ヵ月後との交換のようで、普通にすすいで乾燥させればよく、キャップをしたりして乾燥を妨げることは細菌繁殖を助長させる可能性があり、やめたほうがよさそうです。
真っ直ぐの毛のついた歯ブラシで歯と歯茎を清潔に保つことが重要で、年に2回の歯科医院での検診が勧められています。
美しく白い歯を守るにはそれなりの努力が必要です。
posted by mabou at 22:41 | 歯のお手入れについて

フッ素で虫歯予防

今週は2本も虫歯を治療して麻酔の痛さや痺れに困惑したところで、なんとか虫歯減らしをしたいと思ってフッ素を歯に塗ってみようかと考えている次第です。
フッ素は薄く歯の表面に塗布することで歯の再石灰化を促進する作用があるようで、歯のエナメル質を強化して虫歯の予防につながるそうです。
どれだけ効果があるのか分かりませんが、虫歯が減ることを期待してデンタルケアを続けるつもりです。
posted by mabou at 00:40 | 歯のお手入れについて

ヒトパピローマウイルスとがん

歯周病にかかるとヒトパピローマウイルスの感染も増加して、それが口腔がんへとつながる可能性が示唆されています。
口腔がんの予防のためにも歯周病はきちんと治療したり、歯垢の除去など歯周病の予防に力を入れることが口腔がんの予防にもつながるといいます。口腔衛生はがん予防にも大事なことといえそうです。
posted by mabou at 22:42 | 歯のお手入れについて

ウーロン茶で虫歯予防?

ウーロン茶に含まれるポリフェノールが虫歯の元になる歯垢の予防効果があるという報告が出ているようで、緑茶よりもウーロン茶に含まれるポリフェノールがよいそうです。
ウーロン茶を毎食後と就寝前に飲むことで虫歯の予防になるのではないかといいますから、ぜひ実行して虫歯を減らすことができればすごいことだと思います。
posted by mabou at 22:34 | 歯のお手入れについて

インプラント治療のトラブル

インプラント治療では人工歯根をあごの骨に埋め込んでおり、入れ歯よりもしっかり噛むことができるとされますが、治療に関係するトラブルが多いことが問題になっているようです。
やはり治療経験豊富な歯科医に相談してから治療に入ったほうが安心といえそうで、安易に受ける治療法ではないようです。
posted by mabou at 18:26 | 歯のお手入れについて

LEDと歯科治療

虫歯だけでなく歯周病も歯がぐらついて抜け落ちる原因のひとつですが、最近LEDを使って細菌の繁殖を抑えて歯周病の予防や治療に役立てようという動きが進んでいると言います。
歯のプラークコントロールが重要ですが、こうしたLEDの利用も個人でも安全に使用できるといいますから歯のお手入れに役立っていくことと思われます。
posted by mabou at 13:45 | 歯のお手入れについて

酸蝕歯の怖さ

歯の健康維持の大敵は、虫歯と歯周病でしょうが、酸蝕歯による歯の侵食も注意する必要があるといいます。
食事の後などは酸性状態で、歯の表面が溶け出しているといいます。
これを補うのが歯の再石灰化といい、カルシウム分の多い牛乳やチーズが歯の再石灰化に役立つそうです。
食後は牛乳を飲むなどして歯の再石灰化を促すように心がける必要がありそうです。
posted by mabou at 21:28 | 歯のお手入れについて

歯周病と再生医療

歯周病が原因で歯を失う人は少なくありません。
いくら虫歯に気をつけても歯周病で歯の土台がやられてしまったら歯を残すことも難しくなります。
そこで、再生医療で歯周組織の再生が可能になっているのですが、今回、自分の脂肪細胞から幹細胞を取り出して歯周組織の再生に役立てる方法が報告されているといい、歯の健康維持に大きな期待がかかります。
posted by mabou at 20:49 | 歯のお手入れについて

インプラントと医療事故

インプラントは入れ歯よりもしっかり噛める上、美容上も好まれるようで、さかんに行われている治療法になっていますが医療事故も起きているようです。
最近も顎の骨にドリルで穴を開ける際に血管を損傷したようだというのですが、患者が死亡する事故があったようで、リスクも念頭に置いておく必要があるようです。
posted by mabou at 21:56 | 歯のお手入れについて

歯の神経を抜かない治療

歯の神経を抜いてしまうと歯が黒ずんだりして、ホワイトニングどころではなくなる可能性があります。
そこで、歯の神経を抜かないで治療を行う歯科治療が注目されているようで、顕微鏡を使って神経を抜かないように、歯も抜かないで治療を行っていく歯科医院も登場しているといいます。
歯の健康のみならず美容上の観点からもこうした治療が増えてきたらよいと思われます。
posted by mabou at 21:43 | 歯のお手入れについて

歯のエナメル質の再生

話題のiPS細胞を利用して歯のエナメル質が再生できるようになるかもしれないといいます。
この研究が進められ、歯の再生が可能となると、今までにない歯の治療が可能となる可能性が出てくるといいますから、これまでのように入れ歯になったりインプラントで痛い思いをすることも避けられるようになるのかも知れません。
再生医療の進展が新しい可能性を生み出してくることが期待されます。
posted by mabou at 20:54 | 歯のお手入れについて

トゥース・コンタクティング・ハビットと健康

上下の歯を無意識に接触させる癖が首の周りの筋肉のコリを引き起こして肩こりや頭痛を引き起こすというトゥース・コンタクティング・ハビット(TCH)が注目されているようです。
顎関節症を引き起こす場合もあるようで、上下の歯を離して力を抜くように、生活習慣を改善するなどすることで症状の緩和が期待できるといいますから、自分の癖の見直しが必要のようです。
posted by mabou at 06:20 | 歯のお手入れについて

ステルスマーケティングと審美歯科

美容業界をはじめ多くの業界が口コミのサイトを利用して宣伝に使っているということで、ステルスマーケティングと呼ばれる拡販が問題になっているそうです。
いわばさくらのような人が書き込んで宣伝に努めているようで、審美歯科など美容業界でも少なくないマーケティングのやり方になっているようで、実際に利用してみると大違いといったケースも出ているのかも知れません。
したがってホワイトニングにあたっても歯科選びは慎重を期す必要がありそうです。
posted by mabou at 22:34 | 歯のお手入れについて

インプラント治療にご注意

最近は入れ歯に変わる治療としてインプラント治療がさかんに宣伝されているようですが、歯科医師による技量の差は小さくないようで、インプラント治療を受けた後の痛みや腫れが続くなど、治療に関連するトラブルが急増しているようです。
ホワイトニングに関しても同じことが言えると思いますから、歯科医院選びは慎重に評判などをチェックしてから治療を受けるかどうか判断すべきでしょう。
posted by mabou at 21:28 | 歯のお手入れについて

ビートルズメンバーの歯

ビートルズメンバーの奥歯がオークションで出品されたといいます。
以前に家政婦としてビートルズメンバーのお家で働いていた女性に贈られた奥歯といいますが、今では変色してDNA鑑定しても本人の歯かどうかと判明することは難しいようです。
以前はきっとホワイトニングを受けた歯と同じように白く輝いていたであろうこの歯は今後も大事に保存されていくのでしょう。
posted by mabou at 06:18 | 歯のお手入れについて

ホワイトコート

ホワイトコートとは、いわば歯のマニキュアで、歯の表面にプラスチックのようなコーティングをすることで歯をお好みの白さに変身させる、お手軽な美容法といわれています。簡単に白い歯が実感できる歯の美容法といえるでしょう。
お好きな色に変えて歯を白く出来るのですが、効果は長持ちしないようで、1〜2ヶ月程度ではがれてきますから、また歯科医院へ行ってきれいにはがしてもらう必要があります。
posted by mabou at 23:50 | 歯のお手入れについて

インプラントにご注意?

インプラントは入れ歯に代わり自分の下顎の骨に人工歯根を埋め込んで、しっかりと食べることが出来るという画期的な治療法といえるのでしょうが、手術に関連して事故も起きているようです。
下顎の骨を削る際に動脈を損傷して死亡した医療事故も報告されているようで、歯科医師の技量に注意しておく必要があると思われます。
posted by mabou at 20:22 | 歯のお手入れについて

虫歯菌の感染

歯が生える前には虫歯菌は少ないようで、子供の歯が生えてくると、母親など家族の持つ虫歯菌がスプーンの共用などから感染症のようにうつるといいますから注意が必要です。
虫歯を作るミュータンス菌は、糖から酸を作って、その酸が歯を溶かして虫歯を作るといいます。
歯のお手入れには毎食後のブラッシングが基本とされ、手間がかかっても実行したい歯の健康法です。
posted by mabou at 23:04 | 歯のお手入れについて

水不足での口腔衛生

水が少ない状況で歯ブラシを使うのは簡単ではありませんが、今回の東日本大震災後の避難所生活など、物不足の中では歯ブラシに水を付けてブラッシングして、汚れは時々取るようにして、最後は少しの水を分けれる場合は分けて口をすすぐとよいといいます。
歯ブラシがない場合には、ハンカチなどで歯の表面をぬぐったりするだけでも口腔衛生上役立つといいます。
また、唾液は口腔衛生上大事ですから、脱水状態に気をつけて唾液の分泌が減らないように注意したいものです。
posted by mabou at 12:29 | 歯のお手入れについて

虫歯の恐怖

人によっては虫歯になりにくい人となりやすい人があるようで、ひとつには口腔内の常在細菌の違いによるといいます。虫歯菌や歯周病菌の量や種類によるのでしょうが、虫歯のなりやすさの簡単な検査も歯科医院で受けられます。
毎日歯磨きを欠かさずやっても何本も虫歯がある方もいれば、ろくに歯磨きしなくて虫歯がない方もいるようです。
自分が虫歯になりやすいと分かったら、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスで歯の間も掃除したり、マウスウォッシュを使ったり、いろんな工夫をした方がよさそうです。
どんな病気もそうでしょうが、虫歯もなってから治療を受けるより予防に力を入れた方が楽でしょう。
自分でも時間があればフロスを使い、出かける際にはキシリトール入りのガムを噛みながら出かけたり、歯ブラシの回数を増やせたら増やすなどして虫歯の予防を心がけたいと思います。
posted by mabou at 11:23 | 歯のお手入れについて

歯槽骨の再生

いろんな細胞に分化する能力を持つ幹細胞を利用した再生医療は目覚しいスピードで進展していますが、歯槽骨についても萎縮してインプラント治療に適さない骨の再生医療が開始されるといいます。
骨髄から骨の幹細胞を採取して培養し、歯槽骨の萎縮を治療して、インプラントの埋め込みが可能になるといいます。インプラント治療には健全な歯槽骨が必要ということでしょう。
歯槽骨の萎縮があると、入れ歯もあわなくなると思われ、インプラントで歯が使えるほうがQOL(生活の質)上望ましいといえそうです。
いくつになっても自分の歯で食事ができるように歯周病予防や虫歯予防など口腔衛生に力を入れる必要があるでしょう。これから高齢者が増えれば有用な治療法になるのではないかと思われます。
治療だけでなく予防に力を入れることは生活習慣病など身体の病気と同じでしょう。いくら歯が丈夫で虫歯がないといっても歯周病いわゆる歯槽膿漏におかされては歯の土台がやられて落ちてしまうことになるでしょう。
posted by mabou at 14:04 | 歯のお手入れについて

災害時の口腔衛生の難しさ

東日本大地震が起き、避難所生活では水不足で歯磨きなどの口腔衛生も困難な状況といいます。口腔内が不潔になると、当然虫歯菌など細菌の繁殖が起こりやすくなって、高齢者などでは肺に入って肺炎の原因になる細菌もいるといいます。
阪神淡路大震災の後、高齢者には誤嚥性肺炎で死亡した例も多いといいますから口腔ケアが重要なことは確かなようです。
また、水分不足で脱水症に陥ると唾液の分泌も減少して口腔衛生上好ましくないようですからいかに水分が大事かということが分かります。
口腔衛生の専門家の助言を仰いで少しの水でも口腔衛生上問題がないようにする工夫が必要のようです。
posted by mabou at 07:39 | 歯のお手入れについて

歯周病対策

歯周病はいわゆる歯槽膿漏のことで、いくら歯が丈夫でも歯の土台がやられてグラグラになり抜歯するケースは少なくありません。こうした事態を避けるためには歯磨きだけでなく、歯間ブラシや糸ようじなどで歯垢を除去する努力が必要でしょう。歯垢は歯周病菌などの塊とされ、なかなか歯ブラシだけでは取りきれず、歯科医院での機械的な除去を受ける必要があるということです。
いくつになっても自分の歯で食事ができるように定期的に歯科医院での口腔衛生を受けておくことが勧められます。白い歯のためにも大事なことでしょう。
posted by mabou at 20:42 | 歯のお手入れについて

マウスウォッシュ

マウスウォッシュもいろんな商品が出ていますが、お口に含んでしばらくして汚れを浮かしてから歯のブラッシングをすることで、汚れが落ちやすくなるといいます。簡単にできる歯のホワイトニングともいえるでしょう。
あまり手間がかかると毎日することが困難になると思いますから簡単で効果的な歯のお手入れにお勧めで、歯のホワイトニングに役立つことでしょう。
歯のブラッシングは力任せにやる必要はありません。小刻みにやさしく歯のブラッシングを行えば歯垢の除去に十分といわれ、歯のホワイトニングにも役立つことでしょう。
posted by mabou at 23:57 | 歯のお手入れについて

たばこと歯周病

たばこは動脈硬化のもとになる危険因子として知られていますが、歯周病になる危険因子でもあります。歯周病の治療に際してもたばこは障害となり、治療効果が出にくくなるといいます。
歯周病が進行すると、歯を支える歯茎や歯槽骨までおかされる場合もありますから歯を失うことにもなりかねません。
美しい歯を失うことは美容上の損失でもあり、日頃から口腔ケアに注意しましょう。
たばこが歯周病を進行させて歯が失われ、入れ歯になってしまうというパターンは珍しくないようで注意が必要です。今回たばこの値上げがきっかけで禁煙治療に進む方が増えていますから、歯の美しさにこだわる方はたばこは吸わないほうがよいでしょう。
posted by mabou at 21:18 | 歯のお手入れについて

歯磨き法

歯磨きの方法は、大きく2つあって、スクラビング法とバス法と呼ばれています。スクラビング法では、歯ブラシを歯の表面に直角にあてて小刻みに左右に動かします。力の入れすぎは歯茎を傷めたりすることもあり禁物で、大きく動かさず小さく動かすことで歯についた歯垢を落としやすくなるようです。バス法では、歯と歯茎の間に45度の角度をつけて小刻みに歯ブラシを動かして歯磨きをします。
さらに歯間は歯間ブラシやデンタルフロスで汚れを落とし、できればマウスウォッシュもやっておくとよいと思われます。
posted by mabou at 11:46 | 歯のお手入れについて

インプラントと糖尿病

インプラント治療を受ける前には血液検査で糖尿病などの持病がないかを確認することが大事といいます。糖尿病があるとキズの直りが遅く、骨の結合も遅れるため、先に糖尿病の治療をしてからインプラント治療を行うことが多いそうです。
糖尿病をはじめ生活習慣病といわれる疾患は自覚していない場合も多く、血液検査などの検査が必要といいいますから注意が必要です。
ホワイトニングのような美容目的の場合でも自覚症状がないからと油断はしないほうがよさそうです。
posted by mabou at 12:10 | 歯のお手入れについて

オーバーデンチャー

インプラントという人工歯根を使って入れ歯と違った噛み心地が人気の種といいます。しっかり噛めるのはいいのですが、インプラントは高価で、総入れ歯の場合などは全部をインプラントにするのはためらわれる場合もあるようです。そうした場合に、何本かのインプラントを支えにして入れ歯を固定するオーバーデンチャーという方法でしっかり噛める入れ歯を作ることも可能です。
ホワイトニングのような歯の美容と入れ歯を超えた噛み心地とが好評なようです。
posted by mabou at 00:36 | 歯のお手入れについて

インプラントの手入れ

インプラントは入れ歯と違って美容上も自分の歯と変わらず、食事時に噛む力も強いとして多くの方が埋め込みをしています。しかし、自分の歯と同じように汚れが付いたり、歯周病のようにインプラント周囲に炎症をおこして歯茎にトラブルが起きることもあり、歯科医院での定期的なお手入れが欠かせないようです。
そのうちインプラントのためのホワイトニングも考案されるかもしれませんがほったらかしではいけないようで、美容上のホワイトニング同様、自分の歯と同じように手入れをしていきましょう。
posted by mabou at 07:17 | 歯のお手入れについて

インプラント周囲炎

インプラントの人工歯でも歯周病は起こるといいます。インプラント用の汚れを落とす器具で定期的に歯の清掃が大事だそうで、インプラント手術をした後も定期的な検査や手入れが必要ということです。
ホワイトニングのような美容上の歯のお手入れ同様、インプラントも定期的にお手入れしていかないと、日々の歯磨きだけでは落ちない汚れが歯周炎を引き起こし炎症の悪化へとつながる可能性があり、かかりつけの歯科医院で汚れ落としなど行っておくことが大事です。
posted by mabou at 23:07 | 歯のお手入れについて

インプラントに注意

インプラントは入れ歯に変わってかむ力も強くなると盛んに宣伝されているようですが、歯茎に打ち込む歯の土台が骨の中を走る神経を傷つけたり圧迫したりして痛みが出ることもあり要注意といいます。
インプラントはホワイトニングよりは数段リスクがあると思われ、歯科医院選びも慎重さが必要です。インプラント手術後も痛みが持続したり痺れが取れないなど不都合があれば、専門的な歯科医院などに相談が必要です。
posted by mabou at 13:54 | 歯のお手入れについて

口腔内の悪臭

口腔内の悪臭の元は揮発性硫黄化合物といわれ、その多くが舌苔で発生するといいます。ホワイトニングでせっかくきれいな歯にしてもにおいが強烈では台無しです。
舌苔は剥がれ落ちた粘膜細胞や食べかすに細菌が付着して舌の表面に溜まったものといいますから、舌苔専用の舌ブラシできれいにしておくことがおすすめです。
歯周病いわゆる歯槽膿漏があると細菌のために口臭がより強くなる傾向があり歯周病の治療も必要です。ホワイトニングできれいにした歯の匂いを取るために口腔衛生に注意しましょう。
posted by mabou at 22:54 | 歯のお手入れについて

口臭予防

口臭の原因はさまざまですが、舌苔もそのひとつといわれています。舌苔は口腔内の粘膜が剥がれ落ちたものや歯周病菌や虫歯菌などが含まれていて悪臭のもとになる物質を産生しているといいます。
ホワイトニングにも役立ちますから口腔衛生に気をつけて舌苔がつかないようにしていくことが口臭軽減のためにもよさそうです。
posted by mabou at 12:03 | 歯のお手入れについて

毎日のブラッシング

よくいわれるように毎食後の歯磨きが口腔衛生上は望ましいといわれますが、なかなか忙しい毎日で忘れてしまうという方も多いでしょう。そうした場合は夜寝る前には必ず歯磨きをして、フロスで歯の間の掃除もして、寝ている間の口腔内をなるべく清潔に保つことが重要でしょう。
もちろんうがい剤なども使ってよいでしょう。
それでも歯石は家庭で落とすのは難しく定期的に歯科医院で歯石の除去などクリーニングを頼むことが望まれます。
posted by mabou at 07:40 | 歯のお手入れについて

クリーミーアップ

美容に関心を持つ方が増えてきているというデータをもとに、クリーミーな泡が垂れにくくした歯磨き剤が丁寧に歯磨きをする方にむけて発売されました。
口から泡を垂らしてお母さんにしかられた子供さんも多いと思いますが、この歯磨き剤なら口から垂れにくく、ゆっくり丁寧にブラッシングしても大丈夫でしょう。
いつでもどこでもブラッシングする習慣づけにうってつけの歯磨き剤がクリーミーアップです。
posted by mabou at 23:15 | 歯のお手入れについて

酸蝕症

酸蝕症では炭酸飲料やジュースなどの酸で歯が溶け出すといいます。
歯のエナメル質が酸に溶け出して、歯の内側の象牙質が出てきて黄色味がかってくる場合もあるといいます。これではホワイトニングも台無しです。
唾液はこうした酸を中和する働きがあって、唾液に含まれるカルシウム分やリンは溶けた歯の表面を修復してくれ、再石灰化を起こすといわれます。
ホワイトニングで美しい白い歯を作るには、ジュースの飲みすぎは歯の表面を溶かす恐れがあり避けたほうがよさそうです。また、唾液の分泌を減らす可能性がある薬もあって、常用薬のある方は注意が必要でしょう。薬の副作用にも要注意です。美容にのための歯のホワイトニングもなかなか大変です。
posted by mabou at 23:51 | 歯のお手入れについて

歯磨き粉

タバコのヤニ取りなど研磨剤入りの歯磨き粉では一旦は歯の表面に付いた汚れを落とせても、歯の表面に細かなキズが付いてしまい、後で食物などの汚れが付着しやすくなり、かえって汚れが歯に付いてしまう場合もあるといいます。
歯の表面にキズが入る場合はホワイトニングにマイナスになり、黄ばみの原因にもなるといいます。美しい白い歯を作るには研磨剤で歯の表面の汚れを落とすことはすすめられないと思われます。
同じ理由で歯磨きのときにゴシゴシ力任せに歯磨きするのは避けた方がホワイトニングのためにはよいでしょう。
posted by mabou at 00:13 | 歯のお手入れについて

虫歯菌の強さ

口の中には常在菌をはじめさまざまな細菌が存在しますが、虫歯菌は子供の頃に住み着いた細菌が継続しているといい、自分の口の中に住み着いた虫歯菌がどのくらい強力かによって虫歯のなりやすさも変わってくるといいます。
残念ながら私の口の中に住み着いた虫歯菌は歯医者さんで検査してもらったところやや強力な虫歯菌で、おかげで歯のチェックに行く度に虫歯が見つかって治療しています。
子供の口腔衛生が将来の虫歯のなりやすさに影響すると思われますので親御さんが正しい歯磨きの習慣づけをしてあげるなど注意することが大事なのでしょう。大人になっても白い歯で笑顔が映えるよう子供の歯磨き習慣をチェックです。
posted by mabou at 08:18 | 歯のお手入れについて

歯周病に注意

せっかく歯のお手入れをして白く輝くような美しい歯にしても、歯の生えている土台がやられてしまっては仕方ありません。歯の土台である歯茎がおかされる病気が歯周病あるいは歯槽膿漏です。虫歯だけに気をとられていては歯周病にやられてしまいます。
歯の健康に注意して虫歯を予防して、ホワイトニングで美容に力を入れて白い歯になっても、歯の土台がぐらぐらでは話しになりません。
歯のお手入れだけでなく、歯茎のお手入れのする必要があります。
歯と歯の間に詰まる食べかすを糸楊枝などで掃除をし、細菌の塊である歯石を定期的に歯科医院で掃除することで歯周病の予防をしていきましょう。ホワイトニングだけでは白い歯を維持できないということは大事です。
posted by mabou at 09:05 | 歯のお手入れについて

むし歯と決別する方法

歯医者に行く度に虫歯になっていて困ってしまう方には虫歯菌の検査がオススメです。口腔内に住み着いた虫歯菌の強さを検査することで、あなたの歯が虫歯菌に冒されやすい程度がわかります。
子供の頃に、口腔内に住み着く虫歯菌が決まるといわれ、強力な虫歯菌が住み着いている方は特に注意してデンタルケアをしていく必要があるそうです。
できれば毎食後に歯磨きをして、寝る前にはフロスで歯間もきれいに掃除して、虫歯菌の塊である歯垢が溜まったら歯科医院などでデンタルクリーニングなどを利用して歯医者さんで除去してもらいましょう。
虫歯予防は大事なことなのです。
posted by mabou at 09:05 | 歯のお手入れについて

白い歯のために

白い歯は笑顔も素敵で健康的でいいと思いますが、歯の表面は食べ物のカスが付いたり、タバコのヤニで汚くなったり、あるいはコーヒーや紅茶など色素で着色されたりと、白い歯を保つ努力は結構大変なものがあります。
したがって、白い歯を作る歯磨き粉が開発されて人気を呼んでいて、今では歯のホワイトニングが家庭などでも手軽に体験できるといわれています。
ホワイトニングは、単に歯の美容上の問題でもなく、健康的な歯の成長にも大きな影響を及ぼしています。歯の健康にもホワイトニングは大事です。ホワイトニングで長く大事に歯を使いましょう。
posted by mabou at 09:05 | 歯のお手入れについて

歯周病と白い歯

ホワイトニングで白い歯にしても、歯のお手入れは必要です。歯のお手入れは虫歯のできにくい人でも、歯周病というもうひとつの歯の病気になりがちです。
いくら歯が白くても、歯茎が腫れたり、歯肉の後退で歯がぐらぐらしていては台無しです。
歯の美容に気をつけることは歯の健康に気をつけることが前提でしょう。ホワイトニングに力を入れるときは口腔衛生にも力を入れることが大事でしょう。美しい歯は、健康的な歯でもあると思います。ホワイトニングを歯の健康に役立てましょう。
posted by mabou at 09:05 | 歯のお手入れについて

ホワイトニングを生かす口腔ケア

ホワイトニングは単に歯を白くするだけでなく、歯の健康も考えて行う必要があるでしょう。
虫歯ではいくら歯を白く見せても健康的な歯とはいえないでしょうし、歯周病では歯が白くても、そのうち歯が抜けてしまうことになりかねません。
健康的で白い歯を目標に口腔ケアを行いましょう。歯垢の付着を防ぐようなブラッシングとデンタルフロスで歯間をきれいにして健康的な歯で長生きしましょう。ホワイトニングは、健康的な歯にこそ似合うと思います。美しくて健康的な歯を作るには、子供の頃からの歯磨きが基本と思います。
posted by mabou at 09:05 | 歯のお手入れについて

歯周病の予防

歯のお手入れというと虫歯の予防と頭に浮かびますが、虫歯同様に注意が必要な病気が歯周病です。
高齢化社会が進んで寝たきり老人が増えるなど、口腔衛生上好ましくない状態で歯周病におかされるケースが少なくなく、歯を失う原因にもなっています。
歯周病の場合は歯茎も痩せて、ホワイトニングで歯を白くしても美容上の問題は残るかも知れません。ホワイトニングが歯の輝きを増すことができるように歯茎の問題も対処が必要です。白い歯に見合った健康な歯茎でいてください。
posted by mabou at 09:05 | 歯のお手入れについて

ホワイトニング後の歯のメンテナンス

ホワイトニング後の歯のメンテナンスに用いられるグッズとしては以下のようなものが使われています。
○ホワイトニングトゥースペースト:ホワイトニング剤のペルオキサイドとカルシウムが配合されてペルオキサイドが歯の色素などを取り除き、カルシウムが歯を強化してくれる歯磨き粉です。
○マウスウォッシュ:歯の表面への色素などの沈着を防止して歯を白く保つのに役立ちます。
○ホワイトニングガム:歯の表面に色素が付着するのを防ぐガムです。
主にホワイトニング後の歯のメンテナンス用に使われているそうですがガムなど普段から手軽に使えて歯が白くなればうれしいですね。
posted by mabou at 09:05 | 歯のお手入れについて

ホワイトニング用歯の磨き方

歯の磨き方はその目的によって変える必要があります。
○虫歯予防目的の歯のブラッシング:主流はスクラッビング法といって歯の面に直角に歯ブラシの毛先をあてて細かく歯ブラシを振動させます。歯と歯の間は歯ブラシで磨ききれないためデンタルフロスや糸ようじを使ってきれいにします。
○歯周病予防目的の歯のブラッシング:おすすめはバス法といって歯と歯肉の境に歯ブラシの毛先を45°の角度で当てて細かな振動を与えるように磨く方法です。毛の硬さはふつうから柔らかめで開始して歯肉からの出血がなければ少し硬めにしてもいいということです。さらに歯と歯の間を磨く歯間ブラシや歯肉マッサージ用のラバーチップなどで歯肉をマッサージするのもおすすめです。
○歯の表面ステインを落とすためのブラッシング:歯の表面に付着したヤニなどの色素を落とすには毛先の短い歯ブラシで歯の表面に毛先を直角に当てて円を描くように磨く描円法がすすめられます。毛の硬さは硬めがよいといいます。
posted by mabou at 09:04 | 歯のお手入れについて

歯の磨き方の基本

歯をきれいに磨くにはその目的に合わせて磨き方や道具を変える必要があるということでなかなか大変です。しかも自分で100%きれいに磨くのは不可能でどうしても磨き残しがでるため歯科クリニックなどで定期的なチェックとクリーニングが必要です。
食事の後は口の中は酸性化し歯からカルシウムが溶け出てくるそうで虫歯が発生しやすい状態になっています。なるべく食後はやめに歯ブラシをしたほうがカルシウムの溶け出し、脱灰を少なくすることができます。唾液の働きなどで口の中が中性に戻ってくると歯の表面に再び唾液中のカルシウムが沈着する再石灰化が起こってカルシウムを補うことができます。
なかなか大変ですが食後は他のことをしながらでもいいので歯ブラシを心がけましょう。
特に寝ている間は口の中は危険な状態になると思われますのでお寝み前の歯のブラッシングと糸楊枝などでの歯の間の清掃を忘れずにしておきましょう。
posted by mabou at 08:58 | 歯のお手入れについて

電動歯ブラシについて

電動歯ブラシは商品名ソニッケアーなどで知られていますが毎分3万回以上のの高速振動と細かなバブルを発生させて毛先の直接当たらないところまで汚れを落とし、細菌の繁殖を抑える効果もあるといいます。歯の色素の除去能力も高く評価されていてアメリカの多くの審美歯科医院でも採用されてホワイトニング後のメンテナンス用に利用されているそうです。

sonicareエリート音波歯ブラシはこちらで詳細をご覧いただけます。

電動歯ブラシのなかではやはり細かな泡が清掃能力をアップさせるこちらのタイプがお勧めのようです。大きなストロークは歯磨きには不要のようで細かな振動がキーになるようです。
posted by mabou at 08:18 | 歯のお手入れについて

歯のブラッシング

歯の表面の軽い汚れや色素の沈着は歯ブラシによるブラッシングで対処が可能です。
歯磨きに使う歯ブラシの選び方は以下のように考えられます。
○毛先の処理:毛先のラウンド処理をして丸くなっていないと歯肉を傷つける恐れもあり値段は高くなりますが毛先が触ってチクチクしないものを使うことが望まれます。
○歯ブラシのヘッドの大きさ:日本人は口は小さめの方が多くコンパクトなヘッドがお勧めです。
○歯ブラシヘッドのかたち:欧米タイプの卵型オーバルタイプでもかまいませんがオーソドックスなスクエアタイプがスクラッビング法やバス法にも合うといわれてお勧めです。
○歯ブラシの植毛タイプ:基本的には3列植毛がどんな磨き方にも対応できてお勧めです。
○歯ブラシの植毛密度:毛の密度によって刷掃能力も上がり歯磨きの効率も上がるため一箇所に22本以上の植毛があるのがお勧めです。
○歯ブラシの毛質:ナイロン製で硬さはふつうがお勧めといわれます。
歯ブラシの毛は1ヶ月程度で毛先が開いてきて刷掃能力も落ちてくる上、雑菌の繁殖も起こってくるため交換が必要になります。
posted by mabou at 08:07 | 歯のお手入れについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。