スポンサードリンク

韓国男性の女性化?

韓国の男性は美しさの追及にも熱心なようで、女性的な美しさが仕事や恋愛にも役立つということで、女性が美容整形に走るのと同じようにスキンケアなど美しさの追及に熱心なようです。
もちろん日本でも昔のようなバンカラは影を潜め、さわやかな女性化した男性が増えているようですから、笑顔に映える白い歯が求められるのも無理はないことかもしれません。より手軽にホワイトニングができるようになっていくのではないでしょうか。
posted by mabou at 23:18 | ホワイトニングについて

歯のばんそうこうと審美歯科

歯のエナメル質の主成分であるハイドロキシアパタイトを使ったシートを歯の絆創膏として使用することで審美歯科などに利用できるのではないかといいます。
この歯の絆創膏に白く着色すればホワイトニングにも利用可能ではないかと思われますが、実用化が楽しみです。コーヒーやお茶好きの方で、歯の着色が気になるという方にもお勧めのホワイトニングかも知れません。新しいホワイトニング法として注目されるかもしれません。
posted by mabou at 22:29 | ホワイトニングについて

レーザーによるホワイトニング

レーザーは医療分野での利用も拡大しており、最近注目の日帰り手術においても多くの分野で利用が進んでいます。ホワイトニングも例外ではなく、歯の表面をレーザーで研磨するように処理することでホワイトニングに役立つほか、葉の表面が滑らかになることで細菌が付着して増殖することが困難となって、歯の健康維持にも効果的と思われます。
歯の表面は顕微鏡的に見ると凸凹が多く、細菌の付着する部位になっていることが多いようです。きれいに凸凹をなくすことで歯の表面への細菌の付着を防止するのに役立ちます。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

歯を削らない治療

ドリルフリーといって歯を削らない治療が進化しています。適応症は主に歯や歯茎の色を改善する治療になり歯のかたちや歯列の改善は無理と思われます。

歯を削らない治療としては以下のようなものがあげられます。
○歯のブラッシングの改善で効果が上がる場合
○トゥースクリーニングPMTC:ブラッシングだけでは落ちない汚れやシミ、歯石などを徹底的に掃除をし、表面をなめらかに磨くことで歯の白さを回復させます。
○歯のマニキュア:爪のマニキュア同様歯の表面をコーティングします。
○ホワイトニング:ペルオキサイド過酸化水素に由来する活性酸素の働きで歯を漂白します。歯科医師の行なうオフィスホワイトニングと家庭で行なうホームホワイトニングに分けられます。
○レーザー治療:例えば、歯茎に着色したメラニン色素の除去や歯周病などの歯茎の腫れや炎症の治療に用いられます。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

お口の悩み

いわゆる美しい笑顔に代表されるようなお口に関する悩みには、白い歯のように歯に関する悩み以外に歯茎の悩みと歯並びの悩みがあります。
歯茎については、歯茎の黒ずみなどの着色の悩みあるいは歯茎の腫れなどの歯周病の悩みがあります。
歯並びについては、歯の欠損や歯のすきま、いわゆる出っ歯といわれる歯の前突、ブリッジや義歯などの外見的あるいは機能的な悩み
さらには口臭やかみ合わせの悩みなど多様な悩みがあります。歯は長期間使用するうちに傷んだり変形したりするため高齢者ほど悩みも増えてくるといえます。
このうち歯を白くしたい場合は、以下のような対策が考えられます。
歯のヤニや色素の沈着の悩み:ホワイトニングやティースクリーニング
歯並びなども気になるが歯は削らずに白くしたいという悩み:ホワイトニングやティースクリーニング
色を白くする以外にかたちも変えたい悩み:カントゥアリングといい、歯のエナメル質の範囲でわずかに歯を削りかたちの修正を行ないます。
テトラサイクリンなど子供の時に服用した抗生物質による着色の悩み:ダイレクトボンディングやポーセレンラミネート
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

市販のホワイトニング製品

市販のホワイトニング製品については、以前からカルシウムやアパタイトが利用されてきましたが、これらは結晶成分が歯の表面に擦りつけられて汚れや色素をこそげ落とすタイプといえます。現在はこれにかわってキレート剤が主流となっており、歯の表面に付着した汚れの膜を色素とともに分解して落とすタイプが利用されています。
以上のようにいずれも歯の表面の色素は落とせても歯自身を白くすることはできません。
これに対してホワイトニングサロンなどでは歯自体を白くするペルオキサイドを使用することで歯の色の成分を分解し無色透明化することで歯を白くしていきます。またハロゲンランプやレーザー光などを当ててぺルオキサイドを活性化させ色素分解能はさらに強力になっています。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

歯の外側からの変色

歯の変色の原因は大きく分けますと歯の内側からおこるものと歯の外側からおこるものとに大別されます。
歯の外側からの変色には以下のような場合が考えられます。
○歯の外側からの変色の原因は一番多いのが飲食による歯への着色の場合:例えば、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、コーラなどの飲み物やカレーなどの食べ物などのほかにタバコのヤニなども原因になります。
○虫歯の場合:初期の虫歯では歯が白く濁ってきて表面もざらついて来ますが表面だけの虫歯はティースポリッシングできれいになります。虫歯が進行してくると茶褐色や黒色になってきて虫歯部分を削って詰め物をすることが必要になります。
○虫歯治療の詰め物の金属が原因で黒っぽくなった場合:原因となっている金属をはずして黒く変色した部分を削って白い材料を使って詰め直すことが必要です。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

歯の内側からの変色

歯の変色の原因は大きく分けますと歯の内側からおこるものと歯の外側からおこるものとに大別されます。
歯の内側からの変色には以下のような場合が考えられます。
○加齢により黄色く変色する場合:歯は一番内側に神経と血管が通り、その周りに象牙質という黄色い層があり、さらに半透明のエナメル質が周りにあります。象牙質ははじめは淡いクリーム色だったのが年齢と共に色が濃くなってきます。一方エナメル質は歯磨きや歯軋りなどで年齢と共に薄くなってきて内側の象牙質の色が強く出るようになってきます。
○歯の神経を除去したり、歯の神経が死んでしまった場合:歯に栄養が行き渡らなくなって象牙質が茶色に変色してくるということです。
○抗生物質による変色:例えばテトラサイクリンという抗生剤を永久歯の象牙質が形成される乳児から7歳頃に長期にわたって服用すると象牙質にさまざまな色素沈着が起こってきます。
○歯牙フッ素症の場合:歯のエナメル質ができる乳児から7歳位の間にフッ素を過剰に摂取するとエナメル質に白斑ができたり茶色くなったりするといいます。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

歯の審美治療

歯の審美治療には以下のような治療が含まれています。
○歯の色を白くする
○治療した歯の詰め物をきれいにする
○歯並びを矯正する
○曲がった歯を真っ直ぐに直す
○歯の隙間ができないようにする
○抜けた歯をきれいに入れる
○黒ずんだ歯茎をきれいにする
などですが、このうち歯の色を白くしたり、治療してある歯の詰め物をきれいにするのはホワイトニング治療の治療対象になります。
ホワイトニングでは歯が治療対象ですが、歯並びや歯茎の悩みも審美歯科で相談できます。虫歯にならなくても歯周病といういわゆる歯槽膿漏になってしまっては意味がありません。審美歯科を利用してトータルな歯の健康を守りましょう。歯は食物を噛み砕くほかに美容上も大きな影響をおよぼしているのです。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

日本とアメリカのホワイトニング事情

ホワイトニングの先進国に住むアメリカ人の歯に対して日本人の歯の白さは数字で言うと番号が1程度大きくなって、色はそれだけ濃いということになります。
またアメリカでは定期的に歯のクリーニングを受けている人も多く、歯の白さに対する意識は高いと思われます。
さらにアメリカのドラッグストアでは低濃度のホワイトニング剤は化粧品扱いのものも多くホワイトニング剤入りの歯磨きペーストもあるそうです。大手の歯磨きメーカーの出したホワイトストリップスは歯に貼り付けるだけで白くなると人気を呼んでいるそうです。
これに対して日本では売られているホワイトニング用の商品は歯の表面の汚れを落とすクリーニング効果のみのものしかありません。また歯のクリーニングを定期的に受けている方もまだ少ないと思われます。
さらにアメリカでは一度に多数の歯のホワイトニングの開発がすすみ、ホームホワイトニングも不要になるような方法が人気を呼んでいるそうです。歯をきれいにすることは虫歯や歯周病の予防になるだけでなく口臭予防にもなりますから健康意識の高まりとともにさらにホワイトニングの需要は高まるだろうと考えられます。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

ホワイトニング剤ペルオキサイド

現在のところ歯を白くするデンタルホワイトニングに使われる薬品はペルオキサイドだけといわれています。ペルオキサイドはいわゆる過酸化水素で、口腔内を酸性にして歯にダメージを及ぼす可能性もあるため酸性度を調整して中性に近くして歯の傷みを防ぎ歯の表面をフッ化アパタイトで保護するようになっています。
ホワイトニングに際してはホームホワイトニングでもサロンホワイトニングでも歯質の強化と虫歯の予防をかねてフッ素が使われています。

ペルオキサイドは高濃度のほうがホワイトニング効果は上がりますが知覚過敏などの障害も増加するため、光触媒などの力でより低濃度のホワイトニング剤で歯を白くする効果が上がるように工夫されています。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて

審美歯科とホワイトニング

審美歯科では美しく自然に見える歯の治療を目指すということですが、それが美しい口元を作ると同時に歯の咀嚼機能を満たすことにもつながるのです。
また、歯はものを噛む機能以外にも顔の表情に与える影響も大きく、美容的にも大事な要素になります。歯科治療の要素として機能性、耐久性のほかに審美性も重要視される所以です。
ただ美意識は個人差が大きいため、審美歯科で治療を受ける際には自分がどうなりたいかをはっきりさせるようにしておかないと、治療する側が歯の治療計画を立てにくくなる可能性もあります。まずはどうなりたいかという目標設定、次は治療法をよく理解すること、さらに治療で歯をきれいにしたいという意欲を自分で確認しておくことが大事です。
歯科領域では歯と歯茎と歯並びの3つが主な要素になりますから、審美歯科の治療に際してはそれぞれについて自分がどの程度不満に思っているかを前もって検討しておきましょう。

審美歯科では美容だけでなく機能的にも注意して治療が行われ、ホワイトニングも同じく美容だけでなく歯の健康も考えて行うことが望まれると思います。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。