スポンサードリンク

歯の内側からの変色

歯の変色の原因は大きく分けますと歯の内側からおこるものと歯の外側からおこるものとに大別されます。
歯の内側からの変色には以下のような場合が考えられます。
○加齢により黄色く変色する場合:歯は一番内側に神経と血管が通り、その周りに象牙質という黄色い層があり、さらに半透明のエナメル質が周りにあります。象牙質ははじめは淡いクリーム色だったのが年齢と共に色が濃くなってきます。一方エナメル質は歯磨きや歯軋りなどで年齢と共に薄くなってきて内側の象牙質の色が強く出るようになってきます。
○歯の神経を除去したり、歯の神経が死んでしまった場合:歯に栄養が行き渡らなくなって象牙質が茶色に変色してくるということです。
○抗生物質による変色:例えばテトラサイクリンという抗生剤を永久歯の象牙質が形成される乳児から7歳頃に長期にわたって服用すると象牙質にさまざまな色素沈着が起こってきます。
○歯牙フッ素症の場合:歯のエナメル質ができる乳児から7歳位の間にフッ素を過剰に摂取するとエナメル質に白斑ができたり茶色くなったりするといいます。
posted by mabou at 00:00 | ホワイトニングについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。