スポンサードリンク

歯のブラッシング

歯の表面の軽い汚れや色素の沈着は歯ブラシによるブラッシングで対処が可能です。
歯磨きに使う歯ブラシの選び方は以下のように考えられます。
○毛先の処理:毛先のラウンド処理をして丸くなっていないと歯肉を傷つける恐れもあり値段は高くなりますが毛先が触ってチクチクしないものを使うことが望まれます。
○歯ブラシのヘッドの大きさ:日本人は口は小さめの方が多くコンパクトなヘッドがお勧めです。
○歯ブラシヘッドのかたち:欧米タイプの卵型オーバルタイプでもかまいませんがオーソドックスなスクエアタイプがスクラッビング法やバス法にも合うといわれてお勧めです。
○歯ブラシの植毛タイプ:基本的には3列植毛がどんな磨き方にも対応できてお勧めです。
○歯ブラシの植毛密度:毛の密度によって刷掃能力も上がり歯磨きの効率も上がるため一箇所に22本以上の植毛があるのがお勧めです。
○歯ブラシの毛質:ナイロン製で硬さはふつうがお勧めといわれます。
歯ブラシの毛は1ヶ月程度で毛先が開いてきて刷掃能力も落ちてくる上、雑菌の繁殖も起こってくるため交換が必要になります。
posted by mabou at 08:07 | 歯のお手入れについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。