スポンサードリンク

審美歯科での治療法選び

審美歯科の治療においても最近の医療の方向と同じく最小の侵襲を目指して治療にあたるよう求められています。最小の侵襲を目指すということはなるべく身体に及ぼすダメージの少ない治療法を選択していくということです。治療に付随する侵襲を抑えるには本人の希望や病状などをよく勘案して治療法の選択肢のなかから選ぶ必要があります。
例えば以下のような項目を検討する必要があります。
○本人は見た目の改善を希望しているのか、機能上の改善も希望しているのか
○本人が改善したい部分は口元だけなのか、口元だけとすれば、歯なのか歯茎なのか
○本人が治療したいのは一本の歯のみなのか、2〜3歯の部分的な治療なのか、それとも口の中全体的に治療したいのか
などを良く考えて治療法の選択を行う必要があるのです。
posted by mabou at 13:03 | ホワイトニングの実際
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。